喘ぎ方でパートナーを夢中にさせる方法

ベッドの中でのコミュニケーションは言葉にしない方が、相手との関係を長続きさせます。喘ぎ方を工夫することで親密なオトナの関係を築いていくようにしてください。

ベッドの中でのコミュニケーション

相手の言葉にならない感動が伝わるとパートナーは喜び二人の関係がより深くなります。セックス中の言葉を使わないコミュニケーションによって愛し合えているという実感がわき、満足度が上がります。喘ぎ声を交わすカップルほど付き合いが長くなるということです。

彼はあなたが満足しているかどうかを、むしろ喘ぎ声で判断していることがあります。喜びを直接言葉で表現するよりも強く印象が残るからです。言葉を使わず、仕草で思いを伝えることの方が相手に思いが伝わるものです。

彼を喜ばせるための呼吸法

恥ずかしいと思う方もいますが、セックス中に喘ぐことは重要なコミュニケーションの一つです。上手にやることで彼との関係を長続きさせることができます。以下のやり方を意識して、パートナーを喜ばせてあげてください。

ゆっくりと盛り上げていく

最初から大きな声を出す必要はありません。呼吸が乱れているのが分かる程度にしておいてください。徐々にテンションを盛り上げ、「は」「あ」などの音をつけていくようにします。触られた部位によって声音を変えるのも効果的です。

感じ方によって強弱をつける

耳や顔の周りを触れられている時は弱めに、感じやすい部分の場合は大きめに、と声の強弱を使い分けてください。反応にメリハリをつけることで、刺激的になります。「いや」と小さく否定をすると彼も興奮します。

ただしあまり否定の言葉を使いすぎないことが大切です。「いやだ」と強く言われすぎると、相手は自分自身が拒否されていると思ってしまいます。また、セックスそのものを嫌がっているのかもしれないと疑われる要因にもなりかねません。

声が大きすぎるのはNG

低い声で野太く唸るのは冷めてしまいます。甲高い声も耳障りで嫌われてしまいます。海外物のAVのようなものは嫌われることが多くあります。国によって好みが違うため、日本人には受け入れられないためです。

「気持ちいい、気持ちいい……」と繰り返し、実況中継するように喘ぐと逆に演技くさく、冷められてしまいます。あくまでもソフトに優しく喘ぐようにしてください。

性生活を楽しむことは二人の関係をより深めます。ただし、コンドームなどを使って性病治療をしなければならない状況を避ける努力をしなければなりません。長く愛し合うためにもベッドの中では相手を思いやるようにしてください。ほんの少し喘ぎ方を工夫することで彼とのセックスを最高のものにすることができます。

大人の役目を知っておく

大人が性病のリスクを教えなくてはならない

性病でもその種類によって、自覚症状が現れることもあれば、現れないこともあります。

性病のリスク

それに男性と女性では、症状が違っているということだってあります。

ただ、大体の性病に共通をしていることは、尿をしたときに痛みを感じたり、性器がかぶれてしまったり、かゆみを感じる、

尿を出すときに、膿まで出てしまうなどといった症状が多いです。

女性の場合だと、おりものに異常が見られたり、匂いが非常にきつくなってしまうなどといった症状が多いですね。

きちんと治療を行うことができれば完治できる

性病に感染をしてしまっているとしても、きちんと治療を受けるようにすれば、性病を完治させることができます。

ですから、こまめに性病検査を受けるようにして、もしも性病になっているのであれば適切な治療をしていきましょう。

性病検査

性病検査を病院で受けたとしても、家族などに知られてしまうことはありません。

最近では性病検査キットで、自分でこっそりと検査をして、郵送で検査機関に調べてもらうこともできるようになっています。

ですから、病院に行かなくても性病検査をすることができるようになっているのです。

最近は若者で性病のことをちゃんと理解していないという人が多くなっています。

そんな若者に性病のリスクを教えるのも、大人の責任なのではないでしょうか。

 

薬の通販では口コミ情報がとても参考になる

 

薬の通販を利用する時には、何らかの情報が欲しいところです。

他の商品以上に、薬の場合は安全面などで気を遣うので、情報はしっかりと仕入れたいところです。

正直、全ての通販が安全に利用できるわけではないのです。

中には、無許可で薬を販売しているようなお店もあったりするのです。

 

口コミの情報を利用しよう

 

薬の通販を利用する上で、最も役立つ情報が口コミなのです。

要するに、実際に薬の通販を利用した人の感想や意見を参考にするわけです。

どの会社がオススメなのか、対応はどうだったのか、薬に使用で特に問題は起きなかったかなど、様々な情報を得ることができるのです。

これらの口コミは、ネットで調べればすぐに探すことができるので、是非とも活用するようにしましょう。

ただし、あくまでも口コミはその人の意見であるわけですから、それが自分にも当てはまるとは限らないので、良い口コミが多ければ自分に合うとも限らないのです。

そこだけは注意した上で、しっかりと参考にさせてもらうようにしましょう。

 

伝染性単核球症の原因と症状

ヘルペスウイルス

ヘルペスウイルスに感染をしてしまったことによって、伝染性単核球症を発症してしまいます。
海外ではキスをしたことによって、相手に感染をしてしまうという事例がとても多いため、キス病といわれることのほうが多いです。
キスをすることが原因だというわけではなく、あくまでもヘルペスウィルスが原因であるということを理解しておかなくてはなりません。
ですから、キス以外の経路で伝染性単核球症に感染をしたのであれば、キス病とは言わないと言う事です。

アメリカでは、子供の頃に伝染性単核球症を発症する事例は多くありません。
10代後半から20代前半にかけて発症をすることが多いです。

 

日本での症状について

 

反対に日本では、子供の頃に発症をすることが多いため、そのまま抗体を作り出し、大人になってから発症をするという事例はほとんどありません。

また子供の頃に感染をした場合、伝染性単核球症に発症をしても全く気付かず、そのまま自然治癒されるケースが多いです。
大人になってから再発をしたとしても、既に体内に抗体があるため、症状が重くなってしまうということはないのです。

伝染性単核球症に感染をした場合、湿疹ができたり、38度以上の熱が出る、のどの痛みを感じるなどといった症状があります。
子供の頃に感染をした場合は、イチゴ舌になり、状態が悪い場合は1か月前後高熱に悩まされることになります。

重症になる前に早めの対処を行う

性感染症

重症になってしまうと、肝機能に障害ができてしまうこともありますから、早めに性病薬などで治療をしておくべきです。

発熱があるけど、いつもの風邪とは何か違うと感じるのであれば、ちゃんと病院で診察をしてもらうようにしてください。
自分では、伝染性単核球症と気づかないことがほとんどとなっており、検査をした結果、伝染性単核球症と診断されるということが多いです。

ちなみに、伝染性単核球症と診断されても、特に薬物療法をするということはありません。
大体、平均をすると数週間程度で完治をすることができるようになっています。

このように性感染症にかかるといろいろな症状により大変な思いを強いられる場合があるので、皆さんもくれぐれもお気を付け下さいマセ!